看護師国家試験の学科とはなんですか?

看護師国家試験には必ず学科試験が存在します。これは全部で10科目ほどある試験で、医療に関する幅広い知識が問われます。ありとあらゆる勉強を要求されるので、看護学校などでしっかり勉強していなければ受かることはできません。それほど難関だと言われています。

 

その出題傾向は年々変わっていくと言われ、過去問を参考にすることは重要ですがあまり昔のものを参考にすることは意味がないかもしれません。人体の構造はもちろん小児看護、老人看護、精神看護など出題は多岐にわたります。もちろんそういった知識だけを問うのではなく、対応や推論を求められることもあります。

 

ちなみに学科試験の方式はマークシート方式ですが、論文、作文が求められることもあるので対策をしておいたほうが無難です。論文や作文で何を見るのかというと、多くの場合人間性を見られるようです。知識や技術だけでは測れない、その人の人となりが看護師として向いているかどうかをチェックするということです。

 

そのため論文や作文の中でテーマにきちんと沿いつつも自分らしさを盛り込めるようにすると良いでしょう。