大学病院の給料の違いは?

看護師は、大学病院に務めると給料が良く、公立病院や民間病院で働くよりも大学病院で働く方が年収が高く、待遇が良いと言われています。しかし、それは正しいとは言えず、病院によって給与はまちまちです。

 

大学病院だからと言って必ずしも給料が良いわけではなく、大学病院と一般総合病院では、組織形態や業務内容が異なります。要は経験年数が物を言い、給与については、現在のスキルが大きく左右します。

 

大学病院に勤務する看護師の給料は、国公立大学、私立大学などの病院の設置主体や、病院の規模、都市か地方かなどの地域によっても違いがあります。また、大学病院に勤める看護師の平均年収は、400万円から600万円と開きがあります。年収600万円以上をもらっている人は、看護主任クラスなど管理職にあたる看護師に限られます。

 

そう考えると、大学病院だからと言って特に給料が良いわけではなく、公立や民間病院と実際は何ら変わることはありません。看護師は、大学病院で働くと、公立病院や民間病院よりも年収が高いと思われがちですが、そうではなく、給料に関しては、看護師のキャリアが一番のカギを握っています。