看護師になる為に適性検査をするのはなぜですか?

看護師になる為に適性検査をするのはなぜでしょう。この適性検査は大抵の学校で一次試験をクリアした後に行われます。適性検査の目的としては、看護師という職業への適性を見ることが目的です。勘違いしないでもらいたいのは、優劣をつけるものではないということです。

 

たとえば看護師を志すものとして、人の不幸や死を願う人間は向いていないですよね!

 

ここまで言うと極端かもしれませんが、このように明らかに看護師に向いていない人を見つけるための検査です。そのためこの検査の成績によって合否が決まることはまずありません。過度に緊張して臨む必要はないでしょう。前述のような目的で行われるため、適性検査ではその人の人となりを見るような検査が行われます。

 

良く行われるのは情緒特性、人間関係特性、行動特性、知覚特性を見る検査です。

 

これを行うことにより性格や物事を判断する傾向、情緒の安定性や人間関係に重要な協調性や社交性などをチェックするのです。物事を判断する基準が空想的であれば良くありませんし、情緒が不安定であるのも考え物です。集団の中で動くことが求められるので人間関係に上手く対応していく力も必要です。必要以上に気負う必要はありませんが、自分のことを見つめなおす機会として臨んでみてはいかがでしょうか。